fc2ブログ

    一寸豆瓢製造工場。

    ベランダひょうたん栽培日記。お座敷サイズのちっちゃなひょうたん棚で、超ミニサイズの豆ひょうたんの収穫を目指します。2020年度は ひょうたんランプに挑戦中・:*+

    くるくるコイルと同居人。

    植物たちを育てていると、ベランダが気になって仕方有りません。
    なんかこの頃、突風みたいなのがやたらと吹いて いる様な - - -
    昨夜もサッシが ヒゥヒゥ 軋むほど、強い風が時々吹いていて、
    知らぬ間に突風に煽られ 瓢箪の茎がポッキリ折れてしまうんじゃないかと
    少々心配しながら お布団に入り 、、、、
    今朝起きてみたら、こうなってました・・・ ↓
    「藁をもすがる思い」 とは この事か(笑)
    ちっとも支柱を立ててくれない飼い主(?)に業を煮やし、
    哀れ 可哀想な1号機(通称:おしず)は 触手を藁に差し込んで
    自らの身体を少しでも強風から守ろうと、健気な努力をしてたのでした。
    ↓ くるくるコイルを敷きわらに巻き付け、必死の自衛策を執る1号機。
    Img_0535.jpg

    どうでしょう、このどっしりと威厳あふれる佇まい。
    「台風に備え 港で ひと晩 停泊してた大型タンカー」 みたいな感じ。
    朝陽を浴びて、神々しく輝いてさえみえます。
    衝撃を吸収するために、向こう側とこっち側と、
    垂らした触手をくるくると巻いてバネにしてたりなんかして。
    ああ なんて賢い。 偉いぞヒョウタン!
    それにひきかえ、この飼い主(?)ときたら・・・
    ひょうたんの両脇に コッソリと何か 植えてます。
    ほら、1号機の右と左 なんかニョキニョキ生えて来てますでしょ?
    nira.jpg

    実は、左側に直立するモノの正体は これ。ニンニク↓
    冷蔵庫の中でうっかり芽が伸びちゃってたので
    ひょうたんの定植の時 試しに一緒に埋め込んでやりました。
    Img_0363.jpg

    ↑ 無理矢理 衣服を脱がされて、艶めかしく恥らうニンニク嬢。
    別に裸にしなくともそのまま皮ごと埋めてもOKだったらしいが
    ただ残念な事にニンニクの栽培は見事にシーズン外れ。
    今の時期から栽培しても、暑さで休眠しちゃって育たないらしい。
    Img_0452.jpg

    まぁ、いいさ。別に収穫出来なくっても。
    ユリ科植物はウリ科植物の良きパートナー。とっても相性いいのです。
    そして右側にうじゃうじゃ生えてる奴らの正体は ニラ - - -
    ニラもユリ科。対ウリ科用のコンパニオンプランツです。
    Img_0362.jpg

    100円SHOP(某ダイソー)でニコイチ(=2袋100円)で売ってる、
    お買い得な安いタネを、瓢箪苗の定植時に密かにばら蒔きしてました。
    こっちはニンニクと違って春からの種蒔き&栽培OKとの事。
    ニラは半日陰でも育つそうなので、
    瓢箪の棚の下を苗床に、すくすく育って欲しいモノです。
    よおおおし 頑張れ! ニラ!! 育て育て!!
    んでもって収穫出来る様になったら、餃子や韮饅頭を作るぞー♪♪


    スポンサーサイト



    2007-09-30 17:56 植物辞典