fc2ブログ

    一寸豆瓢製造工場。

    ベランダひょうたん栽培日記。お座敷サイズのちっちゃなひょうたん棚で、超ミニサイズの豆ひょうたんの収穫を目指します。2020年度は ひょうたんランプに挑戦中・:*+

    2020年初夏、blog再開?!

    このひょうたん栽培blogを
    立ち上げたのが2005年で、、、
    その年と その翌々年は一生懸命
    あれこれ投稿してたのだけど
    突然 ぽーーーんと 記憶が飛んで·····


    気がついたら blog初公開から
    知らず知らずに 時が経ち·····
    15年後の未来の街は、
    何処も彼処もコロナ一色でした。
    3月には緊急事態宣言が発令され、

    #StayHomeが大流行り 。。。



    そんなコロナ禍 むんむんの
    2020年春の某日、#StayHomeな私は 
    お片付け中に部屋の片隅で
    埃にまみれた箱を見つけ、、、

    (;°□°) あっ…!


    そしてすべてを思い出します。
    そうだ、昔こんな事してたんだった…;


    記憶の底の底の底に眠ってた 、
    かなーりヤバめなパンドラの箱;↓↓

    そんな訳で、久しぶりに

    blog 、コソッと再開してみます;


    コロナ禍の間に作った作品を
    載せるよ。 お楽しみに :;(∩´﹏`∩);:


    スポンサーサイト



    工場、再稼働…!

    今年は 過去に収穫した豆瓢の実で
    あれこれ作って遊ぶだけにして、
    ひょうたんの栽培の方は
    やめにしとこうかと随分悩みました。


    本当はNET通販で一寸豆瓢の種を
    新たに購入してたんだけれど・・・


    ちょうど種が届いた頃には
    街はもう、コロナ自粛 一色で
    ショッピングモールは休館中、
    ホムセンも入場制限とかしてて、、、


    培養土やら何やら 買いに行くのは
    不要不急じゃ 無いよなぁ…σ(∵`) ;
    って思い 種まきするのは取り止めて
    ランプの製作だけしてたんだけど、


    宣言解除された頃の6月のある日
    諦め切れずにふと 苗屋を覗いたら…
    2020070213570510a.jpeg


    売れ残りの 千成瓢箪の苗、発見!
    かなり状態が悪いけど、
    我慢出来ずに買っちゃいました。


    そんな訳で 一寸豆瓢じゃないけれど
    15年振りに工場、再稼働してます…!


    果たして 上手く育つのかなぁ…;

    深い深い奥底に燈るランプ

    初めての作品第1号です。
    くびれの無い 出来損ないの
    マラカスみたいな形の豆瓢の実を
    全面 透かし模様に彫り上げました。
    煌めく宝石みたいで 気に入ってます

    ↑↑↑最初、下書きとかは特にせず
    表面の傷やシミ 汚れを削る感じで
    あっちこっちランダムに彫ってて、
    途中から "あ、なんかここの部分、
    宝石みたい  涙の雫っぽい…" って
    思って  輪郭ぐるり と描いてみて、
    そこからどんどん、自由に模様を
    彫りながら 時々 輪郭で囲って…を
    繰り返して 全体に拡げていきました。
    模様が最後、てっぺんをぐるりと
    渦を描きながら 巻き付いて ↓↓↓

    気持ち良い感じで 彫り終われました♪
    ひょうたんランプ初挑戦の作品だけど、
    とりあえず とりあえず とりあえず、
    上手いこと彫れて スッキリ気分♪

    ↑↑↑薬用リップよりも ちょっとだけ
    大きいかな って位のサイズです。
    色んな角度で こんな感じ↓↓↓

    まるで 深い深い森の中の様な、
    海底に沈んだ難破船の中の様な、、、
    壁面に映り込んだ光がキラキラして
    とてもとても綺麗です。
    中に入れてるLEDライトは本当は、
    点滅しながら次々に色が変わる
    ライトなのですが、この作品は
    緑~青色系の色目が似合うので
    その色の画像だけ選んでupしました


    蠢く微生物たちのランプ

    ミクロの世界も憧れです。
    顕微鏡の中の世界、バンザイ \(°∀°)/
    ひょうたんランプの作品第2号は
    ずんぐり体型のユーモラスな感じの
    チビ豆瓢で、顕微鏡の中の世界の
    イメージで作ってみました。

    ↑↑↑顕微鏡のレンズの向こうの、
    ウゴウゴと蠢く 様々な姿形の
    正体不明の謎の微生物たち・・・。
    ↓↓↓ライトを燈すとこんな感じ

    ↑↑↑ デオキシリボ核酸の二重らせん
    捻れてる感じ 表現出来てるかなσ(∵`)
    色んな角度でご覧下さい♪♪ ↓↓↓

    ↑↑↑この作品は 壁面への映り込みが
    POPな感じで可愛いです♡

    光源はボタン電池式の、7色に輝く
    LEDライト使用です。めちゃ綺麗・:*+
    (某100円Shopにて購入しました)


    蝙蝠とお月様のランプ 

    お月様と蝙蝠は、表現してみたい
    憧れのテーマのひとつでした。
    少し失敗しちゃった箇所もあるけど
    なんとか無事に彫れて良かった

    ↑↑↑様々なシルエットで
    夜空をヒラヒラ飛び交う蝙蝠たち。
    裏っ側は こんな感じ ↓↓↓
    お月様のある面を手前にすると、
    ちょうど壁側に蝙蝠の影が
    良い感じで映り込む様になってます。

    月が赤く見える夜は、、、
    なんか、"どこかで良からぬ相談が
    行われているらしい。" だそうです;
    (ホントかな…σ(∵`)?)

    ↑↑↑ 細かくて彫るの苦労しました;
    本当は、逆さまにぶら下がる3羽の
    蝙蝠たちの姿もあったのだけど
    枝ごと ポッキリ折れちゃった…;

    ↑↑↑全体像は こんな感じ。
    出来ればお月様と蝙蝠と
    ガス燈の並ぶ街の風景を描いて
    稲垣足穂の"一千一秒物語" の中の
    世界みたいなレトロモダンな雰囲気の
    作品にしたかったのだけど、
    キャンバス狭くて無理でした。
    でも墓地で不気味な雰囲気なのも
    まぁ ありかな。