fc2ブログ

    一寸豆瓢製造工場。

    ベランダひょうたん栽培日記。お座敷サイズのちっちゃなひょうたん棚で、超ミニサイズの豆ひょうたんの収穫を目指します。2020年度は ひょうたんランプに挑戦中・:*+

    久し振りに開花@1号機

    昨夜 ものすごく久し振りに雌花が咲きました@1号機
    月曜日 剪定作業をしていた時には全く気が付かなかったのに
    水曜の晩 小旅行から戻って来たら
    ひとつだけれど いきなり雌花の蕾が育ってたので ちょっと驚き。
    7月末に咲いて以来、約1ヶ月ぶりの開花です。
    Img_1480.jpg

    猛暑疲れでもうお終いかなって思ってたので なんだか嬉しい。
    8月の初め頃にも開花のチャンスは幾度かあったのですが
    あまりの高温で花びらが蒸れてしまうのか、
    いつも あともう一押しって所で蕾のまま腐ってしまってました。
    Img_1482.jpg

    生憎 1ヶ月前の古い花粉しか手元に無いのが残念だけれど、
    とりあえず駄目もとで受粉。 ペタペタペタ・・・・
    果たして結実するのかな - - - ? ;
    あまり期待せずに生温かい目で見守りたいと思います。
    Img_1481.jpg

    ↑「そりゃちょっと無理なんじゃネーの アンタ;」 と 呆れ顔。

    スポンサーサイト



    使用レポ@水やり装置

    あっと言う間に過ぎ去った、楽しい楽しい小旅行。
    奥飛騨も信州も空気が綺麗で、なおかつ涼しく爽やかで - - -
    こちらとあちらとの気温&湿度の違いを 肌にひしひしと感じました。
    帰路、SA休憩で下車する度 不快指数が増していくのだもん。
    あぁ やっぱ名古屋は蒸し暑くて過ごし難い;
    帰宅して一番に覗いたのはベランダ。
    旅行に出かける前、こんなアイテムを設置して行ったので
    たぶん大丈夫だろうと思ってたけれど、とりあえず皆、無事でした。
    Img_1286.jpg

    1号機はプランターが大きいから2本挿して、
    2号と3号には1本づつ、それからパッションフルーツの鉢にも1本…
    出掛ける日の当日朝、嫌と言うほどたっぷり水遣りをし、
    それからアイテムを設置してやって出て行って - - -
    Img_1477.jpg

    帰って来てバケツを見て、ビックリ ほとんど飲み尽くされてる~;
    容量13リットルの大きさのバケツの縁ギリギリまで
    並々と水を満たしておいたのだけれど、微妙に足りなかったみたい。
    2号機の蔓先の葉が、ちょっぴり枯れちゃってました。
    Img_1479.jpg

    普段の水遣りから想定して、これぐらい水を置いていけば
    まぁきっと良いだろうと思ってたのに、う~~~ん;
    思った以上に名古屋は暑かったのかなぁ
    1泊2日の小旅行で良かったぁ;
    もしも長期のお出掛けする様な機会があったら、
    その時には鉢ごとにバケツを用意して出掛けようと思います。
    Img_1287.jpg

    ↑「ちゃんと事前にテストしてけよ この一発野郎が!」と 水やり当番

    今日から小旅行。

    今日から家族旅行。行き先は信州長野。
    乗鞍スカイラインと 新穂高ロープウェィと 混浴露天風呂と、
    それから翌日 上高地散策 - - -
    たったの1泊2日だけれど、皆でお出かけするなんて久し振り。
    真夏の盛りにお家を留守にするなんて、一体何年ぶりぐらいだろう?
    ひょっとして、かれこれ10年振りぐらいだろか???;
    ・・・って、
    あ゛・・・; 留守中の植物たちの水遣り どーしよ゛う゛!?;
    近所のホームセンターの園芸コーナーにて
    留守中の水遣り対策グッズを購入してはみたものの、
    今年の夏の この尋常じゃない程の暑さに 少々不安 - - - ;
    と言う訳で この猛暑の中 枯らしてしまっては大変と、
    灼熱のベランダで汗水たらして剪定作業をしたのは昨日の事
    Img_1277.jpg

    まずは豆瓢1号機。 ハサミを握って ざくざく バッサリ - - -
    こんもりと、みるみる内に積もる ひょうたんの枝葉の山
    株の負担を減らす為、思い切って全体の3分の2ぐらい
    枝葉を落としてやりました。
    これなら少しは水分の蒸散を防げるだろか。
    ↓散髪をして貰って 随分とこざっぱりした1号機。
    Img_1282.jpg

    ↓ネット仕立ての2号&3号機も、株元の方から様子を見ながら
    不要そうな蔓や葉っぱをザクザクと - - -
    Img_1273.jpg

    ↑「ワシらを置き去りにするのかよ」 と 不服そうな顔;
    1号機と違って鉢が小さいから、もっと刈ってやっても良いのかも;
    ベランダの瓢箪たちは連日続く 真夏日・酷暑日の厳しさに、
    株を維持していくのがやっとの状態みたいで、
    なんだかちょっと気の毒です。
    - - -
    Img_1283.jpg

    ↑「39・4度とかだなんて、風邪引いた時の体温並みの
    温度じゃねーか(どんだけぇ~~;)」と おネェ言葉で語るひょうちゃん
    ひょうちゃんは、横浜 崎陽軒のシウマイの中に入っている
    瓢箪型の陶器製のお醤油入れ
    お盆に東京に帰省してたお友達に買って来て貰いました。
    ものすごく微妙な顔付きをしてます。キモカワイイ

    またまた台風 今度は5号

    今度の台風のアジア名は USAGI(ウサギ)
    USAGI.jpg

    東海地方にはあまり影響なさそうな感じだけれど・・・・、
    それでも時折吹く突風に、ベランダの豆瓢たちは振り回されてる。
    Img_1002.jpg

    湿気を帯びた台風特有の風で、お部屋の中は蒸し蒸しジケジケ;
    暑気払いに今夜の晩ゴハンはピリッと辛い タコライス。
    ごはんの上に とろけるチーズ+タコミート+レタス&トマト
    Img_0998.jpg

    タコミートのレシピの紙をなくしたので適当に作ったら、
    チリペッパーとカレー粉入れすぎた。 でも美味しい。
    どうか瓢箪たちが吹っ飛んだり蔓が折れたりしませんように - - -

    梅雨明け宣言♪

    ついに待望の梅雨明け宣言!!@東海地方
    梅雨の間に発生した葉っぱの病気も、
    ここ数日の日光浴のお蔭で、なんとか小康状態に - - -
    Img_0973.jpg

    結局、薬を買わずに酢と焼酎の消毒だけで済ませてしまったけど
    進行が止まってよかったぁ~~;
    ひめねえさま気分で毎日胞子を拭い取った甲斐があった
    Img_0972.jpg

    ↑ 棚の上には ぽつりぽつりと 7/24、7/25の子
    ↓ ネットに這わせた2号機@やっと結実
    Img_0968.jpg

    今日の気温は34度。日差しもジリジリ 焦げそうです。
    暑いと朝夕しっかり水遣りしてあげなくちゃならないので
    その点だけは すっごく面倒。
    今年も我が家の瓢箪たちは、伊東四郎になるんだろうか・・・?;


    - - -
    そういえば、昨日やっと2ヵ月ぶりに、
    祖母宅の瓢箪たちの様子を見に行って来ました。
    写真や文章がまとめ終り次第、またBlogに - - -
    Img_0964.jpg

    蚊に喰われまくって手足が痒い;


    7月24日生れの瓢箪。

    ひさしぶりにちゃんと咲いた雌花。 でもやや小さめ ;
    雌しべに雄花の花粉を受粉させて、
    牛乳の紙パックで作った日付タグの輪っかをぶら下げて - - -
    Img_0896.jpg

    今宵の この子は どうしても欲しい
    出来れば無事育ってくれると良いのだけれど。。。
    - - -
    こっちは先週金曜に受粉させた、産毛いっぱいの もけもけのチビ。
    Img_0900.jpg

    ひょうたん漬けみたいにお漬物にして、カリカリ齧ってみたくなる。
    食用ひょうたんじゃないから食べられないのが残念;


    Sunny Days

    台風が行っちゃった後もなんやかんやで、
    毎日毎日 曇りや雨の降る日が続いて - - -
    でも今日は ひさしぶりに 良い天気♪
    Img_0825.jpg

    緑のひょうたんカーテン越しに観る景色 - - -すがすがしく 青空
    ひょうたんの棚の下には 明るい木漏れ日 - - -
    豆瓢たちは 伸びやかに気持ち良く、何日ぶりかの 日光浴
    Img_0829.jpg

    長雨による湿度過多と日照不足・低温の所為で、
    葉っぱは べと病 にやられてるわ、雌花は育たず萎びてゆくわ、、、
    梅雨が明けてお天気が続けば、回復して元気になるんだろうか?
    はやく梅雨明け宣言してくれると良いのだけれど;
    - - -
    真っ赤に熟し始めたマイクロトマト「うらら」の実たち。
    Img_0819.jpg

    北海道産 大粒イクラ って感じの大きさの実です。
    完熟まではまだまだ もうあと少し;