fc2ブログ

    一寸豆瓢製造工場。

    ベランダひょうたん栽培日記。お座敷サイズのちっちゃなひょうたん棚で、超ミニサイズの豆ひょうたんの収穫を目指します。2020年度は ひょうたんランプに挑戦中・:*+

    またしても皺。

    祖母宅に畑仕事に行っていて - - - 帰ったらまた、皺でした。
    前より微妙に 深くなってる ;
    この感じ、「どこかで観た事、あるような(?)」 と 思ったら、、
    ああ、伊東四朗の頬っぺのY字 だ
    915h1.jpg

    (↑) 気休めに水スプレーをかけて貰ってる ちっちゃな伊東四朗。
    それにしても・・・
    蔓からの水分の行き渡り具合が悪いのか、
    それとも果皮にクセがついちゃったのか - - -
    他の子たちはそうでもないのに この1個だけ
    日増しに皺が クッキリと、、、、、
    とりあえず、翌朝までにはなんとか
    皺は消えてくれるんだけれど . . . . ぅぅ、困った _| ̄|○
    仕方が無いのでまた剪定。しかも今回はかなり思い切って
    青々と茂る若い若い枝を幾本も、ゴッソリ落としてしまいました。
    915h2.jpg

    (↑) 一応、芽の出る見込みが無さそうなのを選んだけれど…
    結構沢山、切りました。繋げてリビングの床に並べてみたら - - -
    915h3.jpg

    ズルズルズルズルズルー・・・全部で2m以上、切ってました。
    余分な支流を減らしてあげたから、
    これで少しはチカラの流れが分散せずに行き渡ってくれるかな。
    あと残り3本ほど棚下にはみ出てる枝があるから
    それらも雄花が全部咲き終ったら、スッパリ切って整理しちゃおう…
    って、
    もうみんなそろそろ収穫&加工に忙しいって時期なのに、
    今頃まだこんな位置にいる私って・・・大丈夫なんだろーか(汗)
    915h4.jpg

    (↑) 写真は昨日(14日) 夕立の後に慌てて撮った、消えかけの虹


    スポンサーサイト



    不如帰、鳴いた♪

    7日の晩に咲いて以来、
    プッツリと開花の途絶えていた雌花ですが - - -
    昨夜 ひさびさにまた、咲きました♪
    キツイ日差しにも負けずに頑張って開花準備をしてた雌花(↓)
    914h2.jpg
    昨夜は雌花1 対 雄花が5。
    受粉もバッチリ♪  嬉しいです ^-^
    6月の末に植え付けをしてから約2ヵ月半 - - -
    いま現在の製造工場の生産ラインの状態は こんな感じ (↓)
    914h1.jpg

    台風&翌日からの激しい残暑攻撃に
    実りかけのチビひょうたんや花芽たちが沢山やられちゃったけど
    それでも4個が生き残り、週末から棚下メンバーに仲間入りです。
    合計7個のひょうたんたちで、随分と棚下が賑やかになって来ました。
    相変わらず猛暑&株の力不足で毎日葉っぱは萎びてるけれど
    それでも枝の剪定や 葉っぱ&萎びた実の整理が功を奏したのか、
    914h5.jpg

    あっちこっちからまたニョキニョキと、
    新しい雌花&雄花の花芽付き脇芽が伸びて来ました♪
    わ~~い!「鳴かせてみせよう不如帰」作戦、成功 成功~
    「頑張らないと承知しないよ」と、
    毎朝毎夕、水遣りの度に脅迫したのも良かったのかも(?)
    914h4.jpg

    でもその内の4箇所は それぞれ この画像 (↑) の様に
    新入り棚下メンバーたちのすぐ付け根の部分から生えてます。
    どうせなら何もない部分から生えて来てくれればいいのに~
    それにしても・・・まだまだ残暑は続きそう - - -
    毎日毎日、葉っぱが幾枚も萎れて枯れてく様なこの現状で
    せっかく着いた花芽たち、萎まずに無事生き残れるのは
    いったいどれぐらいあるんだろ。
    製造工場 主任(ひょうたん苗)よ、ファイト~ (激励!!)


    鳴かせてみせよう不如帰

    今朝も剪定。チョキチョキと剪定。
    今日は枝も幾本か、切ってみた。
    勢いのなさそうな、どうにも脇芽が出そうに無い感じのを選んで
    ザッシリ ヂョッキリ - - -
    910h1.jpg

    またまた今日も、葉っぱをごっそりとCut - - -
    910h2.jpg

    見込みの無い子は みんな容赦なく切り落としてしまいますよ 。 。 。
    910h3.jpg

    切られるのがイヤなら、せっせと脇芽をお作りなさい 。 。 。
    それにしても - - -
    この3日間程で、ずいぶん葉っぱも枝も整理したつもりでいるのに
    でも実際には見た目、そんなに変わってなかったり。
    葉っぱとか、毎日ひと掴みづつぐらいは処理してる筈なのに
    切った分だけがんがん育って、翌日にはケロリとした顔で
    元通りのボリュームになって茂ってる
    ひょうたんって怖ぇぇ・・・恐るべき生命力 ;


    続きを読む

    負傷者たちを弔う。

    今日も早くから強い日差しで少々不安。
    Blogに遊びに来てくれた、[おちょーる]さんのコメントを思い出し
    朝の水遣りをしてやりながら、ついでに葉っぱを間引いてみる。
    色の悪そうなのを選んで、チョキチョキチョキ・・・・
    &萎びちゃった子たち×5本を泣く泣く、Cut - - -
    909h1.jpg

    せっかくちっちゃな実が膨らみ掛けたばっかりだったのに…(↑)
    茂りすぎ - - - 、ホント 確かに それはあるかも・・・。
    一見、すっきりコンパクトにまとまってる様に見えるけど、
    あれで意外と わさわさと・・・
    ぐるぐる巻きつけたり 棚に無理矢理乗っけたりしてるけど
    蔓を解いて伸ばしてみたら、結構大きく 広がると思う。
    ん ん ん ん ん ・ ・ ・
    台風ダメージとか日差しとか、そういうのんの影響もあるけれど
    そろそろ株自体もヤバい状態になって来てるのかな・・・?
    今までは葉っぱや蔓を伸ばすだけで良かったのが、
    花をぼんぼん咲かせつつ、尚且つおまけに実も膨らませつつ・・・
    一気に色んな仕事が増えちゃってるし・・・。
    根っこぎゅぅぎゅぅでこれ以上伸びられないのに
    あたまの上では どえらい事になってきてるからなぁー ;
    - - - - - -
    お昼は やや雲が多めだったので、昨日よりかは幾分まし。
    ぶら下がり3兄弟も、手触りは微妙にブヨブヨするものの、
    とりあえず皺くちゃにはならず - - - ホッ....。o○
    夕方の水遣り後、さらに萎びっ子×3本をCut - - - (↓)
    909h2.jpg

    将来実になる筈だった子たちを 一度に合計8つも~
    おまけに開花準備してた雌花のつぼみたちも、殆どやられちゃって…
    くしょおぉぉ~(涙)
    909h3.jpg

    (↑)お陀仏しちゃった哀れな雌花の子供。あちらこちらでご臨終…
    あと咲きそうな予定だった雌花は、残り1~2個しかなかったり・・・
    この間棚下にぶら下がったばかりのあの子が微妙にヤバい。(↓)
    909h4.jpg

    肌質にツヤ・ハリが無くなって、ドンヨリ 顔色が澱んでる…;
    気休めに お水をスプレーして復活を願ってみる。
    ううううぅ~~… 
    も少し 新しい花芽、
    ついてくれないかなぁ .。o○


    危機、回避・・・!!!


    一時期は こーーんな (↓)

    哀れな状態になっちゃって、、、


    908h4.jpg


    908h2.jpg

    いったいこの先 どうなる事か - - - と 危ぶまれた、
    我が家のベランダのミニひょうたんの事なのですが・・・・・


    ちょっぴり暑さの和らいで来た 夕方、16時頃
    とりあえず たっぷりのお水をシャワシャワと飲ませ、
    それから黄色く萎びてしまった葉っぱを、
    幾枚かチョキチョキ、刈り取って - - -

    908hh1.jpg

    しばらく2時間ほど放置して様子を見ていたら - - -

    おおおおぉぉぉぉ~~!

    回復しました ホヒ~ (◎_◎;)

    908hh2.jpg

    しゃっきり立ってる、元濡れ雑巾 (↑)

    一時期はまるで空気の抜けたゴムまりみたいに、
    グンニャリと鈍い手触りだったあの実も - - - パーーン★(↓)

    908hh3.jpg

    表面を走っていた細かい縮緬状の皺も、ほらこの通り - - -

    よーく見ると妊娠線のようにかろうじて薄っすら残ってるけど、
    でも肌の質感とか、お昼間に見た時とまるっきり違う。
    なんとか元通りの硬く締まった青い実に戻ってくれました♪

    ああああぁ、よかった ;

    しわくちゃのブヨブヨのヤワヤワな実になっちゃった時は
    ホントにホントに どうしようかと思ったけれど、
    どうにかこうにか回復してくれて、 わーーい ラッキー♪ 

    逝っちゃわないでくれてありがとう<ひょうたん

    ↓ ちなみに 今現在の棚の状態はこんな感じ。

    908hh4.jpg


    でも でも でも でも でも でも でも でも - - - 、

    今回はなんとか助かったけれど、
    この先こんな感じで真夏日になる度に何回も皺くちゃになってたら
    そのうちホントに逝っちゃうのかも・・・・

    もうちょっと葉っぱや余分な枝を整理して、
    大事なトコに栄養分が行き渡るようにしてあげた方がいいのかなぁ。

    一難 去って・・・。

    日本列島各地に大きな爪あとを残し、
    過ぎ去っていった 大型台風 14号 - - -
    台風一過の翌日は 日差しジリジリ、焼け焦げそうな真夏日で~・・・
    ひょうたん、元気がありません;
    途中から室内に取り込んで退避させたものの、
    やはりベランダの風当りは 思った以上にキツかったみたいです。
    908h1.jpg

    確かに今日は暑い日ですが、こんなにも激しく
    シンナリしちゃった葉っぱは、今まで見た事ありませんでした。
    激しい突風に長時間煽られてる間に、微妙にどこか傷めたのでしょか?
    908h4.jpg
    ボロ雑巾の様にチカラなくうなだれる葉っぱたち。グッタリと重そう;
    せっかく育ち始めたばかりのひょうたんの実にも、ホラ - - - (涙)
    908h2.jpg

    ぶら下がってる3個とも、表面に細かな縮緬ジワが浮いちゃってます。
    ど う し よ う ~ (・_・、)
    こういう状態って、どうですか?
    いったんシワシワになり始めちゃった実の表面は、
    もう元のピーンとハリのあるお肌の状態に戻せませんか?
    夕方にお水を遣ったら、いつも通りの元気な状態に戻りますか?
    それともいますぐお水を遣った方が良いですか?
    もうこの子たち、ダメですか~~~~~(号泣)
    どなたか、何か良いアドバイス
    (もしくは慰めの言葉を)お願いします - - -
    - - -
    ↓哀しい気持ちとは裏腹に、万博ペアチケットが抽選で当った。
    908h3.jpg

    モリゾー&キッコロ、!!

    た~す~け~て~ぇ~(泣)


    台風14号@接近の夜に。

    9月6日 火曜日 【大型台風14号、九州地方にグィグィと接近。】
    その日、東海地方では夕方頃から、
    びゅぅびゅぅと激しい風が吹きすさび・・・・・・
    そんな中、我が家の可愛いひょうたんたちは、
    どう過ごしてたかと申しますと - - -
    強 制 避 難 勧 告 を言い渡されて、
    ちんまりとリビング脇の6畳間に退避させられておりました。
    907h1.jpg
    臨時避難所でくつろぐ 「 お 座 敷 ひ ょ う た ん 」 の図。
    【カトリーナ以上の勢力】との噂に どうしようかと悩んだんだけど
    サイズ的には跳び箱5~6段程度の大きさしかないんだし、
    サッシの間口もなんとかぎりぎり通り抜けられる幅だったので
    えーーぃ入れちゃえ ってコトで運び入れちゃいました。
    ※注:んでもって、やっぱりこの日のうちに室内に取り込んでおいてよかったです。
    夜がふけるにつれて風雨は激しくなり、今朝のベランダは暴風ゴゥゴゥ状態。
    棚の組み方がいまいちヤワなので、あれだと絶対壊れてたかも ;
    昨夜の開花は 雌花♀3つに雄花♂が1つ。
    さてさて、ちゃっちゃと受粉の作業を済ましたら - - -
    輝け - - - ! 第1回

    ひょうたんの実 成長報告~!
    わーーい わーーーーい ♪♪♪
    907h2.jpg

    とりあえず、順調にすくすく育っているのは
    ナイスバディな この子と この子 - - - (↑)
    それからむっちり中年体型の この子 (↓) - - - の 3つ。
    907h3.jpg

    なにぶんにもベランダ育ち故、露地植えの子には敵わないものの
    それでもしみじみ - - - ひょうたんの成長って早いなぁ .。o○
    ほんの数日前「パチンコ玉ぐらいだよねー」って言うていたのが
    その翌日にはビー玉大、翌々日にはみたらし団子の大きさに - - -
    907h6.jpg

    この光景 (↑)は 9月3日の、パチンコ玉ぐらいん時の実の写真 。
    ピーンと伸び上がってるこの状態から 1~2日の内にぐんぐん育ち、
    気がついた時にはいつの間にか棚下にぶらりと・・・
    次に大きく育ってくれそうなのは この子 (↓) かな。
    907h7.jpg
    窮屈そうに棚下に潜り込んで 隠れてました。
    それにしても - - -
    ようやく待望の雌花が咲いてくれ始めたと思ったら
    今度は雄花が不足したりして・・・・
    う"ぅ"~~  なかなか思う様に いかないなぁ ;
    - - -
    【おまけ追記】 これまでの開花&受粉状況はこんな感じ(↓)


    続きを読む